おしらせ

天文学者大集合!宇宙を学ぶ大学紹介イベント
−第12回「“宇宙(天文)を学べる大学”合同進学説明会」−

関西を中心に全国各地の宇宙や天文を学べる大学から、天文学者・宇宙科学者である教員スタッフが大阪市立科学館に出張してきます。そして、大学での研究活動や教育活動について紹介すると共に、ポスターパネルや研究資料の前で解説をしたり、進学相談に乗ったりします。また併せて、天文講演会も予定しています。
大学や研究室とはどういうところなのか、各大学の研究室にはどんな教員がいて具体的にどんな研究活動や教育活動をしているのか、研究室の雰囲気や出身学生の就職先なども含め、宇宙(天文)を学べる大学および研究室での活動を総合的に紹介します。

チラシ(pdf)はこちらをクリック。

日時 2019年6月9日(日) 午前10時〜午後4時(予定)(受付10時より)

会場 大阪市立科学館 研修室

交通アクセス(大阪市立科学館のWEB)

主催 宇宙(天文)を学べる大学合同進学説明会実行委員会、大阪市立科学館

対象 宇宙(天文)を学べる大学への進学に関心がある高校生、教員、保護者、大学院進学に関心がある大学生もどうぞ。

※どなたでも参加できますが、満員の場合、高校生、大学生を優先させていただくことがあります。

内容

  1. 各大学の紹介:スライドなどを使って教員による楽しい紹介があります。
  2. ポスターセッション:各大学のパネルの前で教員スタッフが詳しく説明します。
  3. 各大学の進学資料・研究パンフレット等配布
  4. 天文講演会

10:00 パネル展示、資料配付
10:30 各大学の紹介(各5分程度)
11:30 ポスターセッション(+昼食)
13:00 各大学の紹介(各5分程度)
14:00 ポスターセッション(+休憩)
15:00 天文講演会
16:00 終了(予定)

参加 事前申し込み不要・参加費無料

天文講演会:「史上初、ブラックホールの撮影!
〜ブラックホールの影とイベント・ホライズン・テレスコープ〜」

地球上の8つの電波望遠鏡を結合させた国際協力プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ」は、巨大ブラックホールとその影の存在を初めて画像で直接証明することに成功しました。
今年の天文講演会では、福江純教授によるブラックホールの影についての解説と、イベント・ホライズン・テレスコープ日本チームの代表である本間希樹教授によるこの興味深い観測についてご紹介をいただきます。

講演1:福江純(大阪教育大学)
「ブラックホールの影を見たくて30年!?」

講演2:本間希樹(国立天文台 水沢VLBI観測所)
「イベントホライズンテレスコープによるブラックホール撮影」

参加予定大学(五十音順)

注:変更になる場合があります。

進学説明会の問い合わせ先

電子メール ten2019_AT_sci-museum.jp
_AT_ を半角の@に変えてください。
件名(subject)を
   「第12回合同進学説明会についての問い合わせ(お名前)」
とし、(お名前)には、問い合わせる方の名字を入れてください。