天文学者大集合! 宇宙・天文を学ぶ大学。紹介します
−第11回「“宇宙(天文)を学べる大学”合同進学説明会」−

全国各地の宇宙や天文を学べる大学から、天文学者・宇宙科学者である教員スタッフが大阪市立科学館に出張してきます。そして、大学での研究活動や教育活動について紹介すると共に、ポスターパネルや研究資料の前で解説をしたり、進学相談に乗ったりします。また併せて、天文講演会も予定しています。
大学や研究室とはどういうところなのか、各大学の研究室にはどんな教員がいて具体的にどんな研究活動や教育活動をしているのか、研究室の雰囲気や出身学生の就職先なども含め、宇宙(天文)を学べる大学および研究室での活動を総合的に紹介します。

チラシ(pdf)はこちらをクリック。

日時 平成30年6月10日(日) 午前10時〜午後4時(受付10時より)

会場 大阪市立科学館 研修室

交通アクセス(大阪市立科学館のWEB)

主催 宇宙(天文)を学べる大学合同進学説明会実行委員会、大阪市立科学館

対象 宇宙(天文)を学べる大学への進学に関心がある高校生・教員・

保護者をはじめ、一般の方どなたでも。大学院進学を考えている大学生の方も是非どうぞ。

内容

  1. 各大学の紹介:スライドなどを使って教員による楽しい紹介があります。
  2. パネルの前で教員スタッフが説明(ポスターセッション)
  3. 各大学の進学資料・研究パンフレット等配布
  4. 天文講演会

参加 事前申し込み不要・参加費無料

天文講演会:「宇宙(の学者)、ホーキング博士を語る  〜ブラックホールと宇宙・天文〜」

先般他界したホーキング博士を偲び、博士の業績、エピソードを紹介します。また、博士の主な研究対象であった「ブラックホール」と、現在の宇宙や天文の研究との関わりをいくつか紹介します。

トーク1:「ホーキングのいたケンブリッジ」 石橋明浩(近畿大学)

ポスドク時代以降のホーキングとの交流を通じてのホーキング博士の思い出、博士のケンブリッジでの日々の様子などを紹介します。また、ホーキング博士の「特異点定理」やその後に発展したブラックホールに関する業績についても解説します。

トーク2:「巨大ブラックホールと宇宙の構造形成」 長峯健太郎(大阪大学)

ホーキング博士といえばブラックホールの研究で有名です。宇宙の構造形成や銀河形成において巨大ブラックホールが果たす役割、そしてその最新の観測的知見について紹介します。

参加予定大学(アイウエオ順)

注:変更になる場合があります。

進学説明会の問い合わせ先

電子メール ten2018_AT_sci-museum.jp
_AT_ を半角の@に変えてください。
件名(subject)を
   「第11回合同進学説明会についての問い合わせ(お名前)」
とし、(お名前)には、問い合わせる方の名字を入れてください。